クレジット マイル

【陸マイラー向け】Kyashのサブ!2つのANAプリペイドカード!

ANA Payが始まりましたが、今日はANAプリペイドカードの記事になります

ANA Payは使ってみて感じが解ってきたら記事にしようかな。

いまだにKyashのサブプリペイドカード探しをしていて、このANAプリペイドカードもやっと手元に届いたので記事にしています。

みなさんこんにちは&こんばんは。「極小なことからコツコツと」管理人のけんとです。

 

あ、この記事で100記事目です。

ブログ始めてもうすぐ5ヶ月が経ちます。

最近年末で仕事も忙しく、更新頻度がちょっと減ってしまっていますが、まだまだ継続しようと思っています。

これからも暖かく見守ってやってください。

今後もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、本題です。

これまで記事で取り上げてきた7枚のプリペイドカードの特徴です。

Kyashのサブとしては還元率0.5%にはなってしまうので、1%のKyashより見劣りするのですが、au PAYプリペイド or dカードプリペイドが良いかと思っているところです。

 

  • Kyash 一番オススメ。紐付けクレジットとのポイント二重取り 記事はこちら
  • Pollet 余った金券でチャージ 記事はこちら
  • バンドルカード ポチッとチャージ 記事はこちら
  • LINE PAYカード MAX3%還元 記事はこちら
  • dカードプリペイド Kyashのサブとして優秀。ポイント二重取り 記事はこちら
  • ソフトバンクカード ソフトバンク利用者はKyashのサブとして使える。ポイント二重取り 記事はこちら
  • au PAYプリペイド Kyashのサブとして優秀。マイラー向け。二重取り 記事はこちら

 

このau PAYプリペイドやdカードプリペイドよりよいかどうかという点で、ANAプリペイドカードを見ていこうかと思います。

 

いつものように先に結論です。

先に結論

  • ANA VISAプリペイド、ANA JCBプリペイドが使えるのかをチェックしてみた
  • Kyashのサブとしてマイラーは使う価値は充分にあるかと思います
  • ただし、還元率は0.5%とKyashよりは一段下がります
  • チャージするクレジットカードがVISAかMASTERの場合はANA VISAプリペイド、JCBの場合はANA JCBプリペイドが良き
  • マイル似興味のない方はau PAYプリペイドかdカードプリペイドがおすすめ
  • マイラ-は今日のANA VISAかANA JCBプリペイドがおすすめです

 

けんと
毎回になりますが、このブログはただの情報提供です。

金融資産の運用など、行動は自己責任でお願いします。

← 応援してもらえると励みになります。ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ANAプリペイドカードは2種類

ANA WEBページより

ANAプリペイドカードには2種類用意されています。

上の写真にも載っている通り、ANA VISAプリペイドカードとANA JCBプリペイドカードです。

公式ページはこちらです。

 

この2枚、単にブランドが違うだけでしょ?
隣人A

 

と思われる諸兄もいるかと思います。

でも、ブランドが違うだけではなく、ちょっとした特徴差があったりもします。

なので、それらをざっと概観していきたいと思います。

 

ANA VISAプリペペイドカードには「オールチャージ型」と「チャージ限定型」の2種類があります。

 

けんと
でも、あえて「チャージ限定型」を選ぶメリットがないので、「オールチャージ型」の話だけをしていきますね。

 

特徴1:新規にANAマイレージ番号がつく

いずれのカードでも、申込みを行うと新規にANAマイレージクラブ番号が付与されます

すでにマイレージ会員であったり、ANAカードを持っていたりする人は、ANAプリペイドカードを申し込む際に、すでにお持ちのマイレージクラブ会員番号を入力しておきましょう。

これをしておくと、2つマイレージクラブ会員番号(マイル口座)があったとしても、同期がとれます。

なので、別々にマイルが貯まっていくということはありません。

もし、申込時に既存番号の入力を忘れてしまった場合は、こちらでマイル口座の統合ができますのでご安心ください。

 

特徴2:還元率は0.5%

どちらのカードを選んでも、還元率は0.5%です。

1,000円の利用で5マイルが付与されます。

ただし、ANA JCBプリペイドカードのみ、キャッシュバックコース「200円の利用で1円分のキャッシュバック」、マイルコース「1,000円の利用で5マイル獲得」のいずれかを選ぶことができます

ANA JCBプリペイドの場合は、キャッシュバックコースが選べるので、非マイラーの方にとっても使いやすいカードになってます。

もちろん、2枚共にクレジットカードでチャージできますので、2重取り可能です。

(チャージでポイントが付かないクレジットカードもあるようです)

 

けんと
還元率は0.5%!

 

特徴3:JCBはスマホで決済可能

ANA JCBプリペイドカードのみスマホ決済に対応しています。

QUIC Payとして利用できます。

なのでAndroidスマホホルダーの諸兄はGoogle Payを通じてスマホ決済が可能です。

一方、iOSの方もApple Payで使えるかと思うかもしれませんが、こちらはつかえないようです。

公式ページにもApple Pay対応と書かれていませんし、こちらでは非対応とも明記されています。

iPhoneユーザーは実カードを使って決済をしましょう。

ANA VISAプリペイドカードの場合はそもそも実カードでの決済しかありません。

 

けんと
ANA JCBのみスマホ決済(アンドロイドのみ)可能です

 

 

特徴4:いまだと発行+郵送+開始手数料が無料、もちろん年会費も無料

通常は、ANA VISAプリペイドカードは発行手数料200円(税込)、郵送手数料が440円(税込)かかります。

ANA JCBプリペイドカードの場合は利用開始手数料550円(税込)がかかります。

でも、いまだとこれら各種費用が無料となっています。

ANA VISAプリペイドの無料期間は明記されていませんが、ANA JCBのほうは2021年3月末日まで無料となっています。

作るだけなら無料なので、つくっておいて損はないかと思います。

 

けんと
あ、もちろん年会費は無料です。

 

特徴5:チャージ方法にクレジットが選べます

プリペイドカードを使うメリットは、チャージ方法にクレジットカードが選択できるという点につきますよね。

それができると、プリペイドカードのポイントとクレジットカードのポイントの2重取りができるから。

このANAプリペイドカードについても、もちろんクレジットカードからチャージが可能です。

でも、チャージできるクレジットカードに制限がありますので、そこは注意が必要です。

 

ANA VISAの場合は、三井住友カード発行のクレジットカード

ANA JCBの場合は、JCBブランドのクレジットカード

からのチャージが可能です。

ANA VISAの場合はそれ以外のカードでもチャージができるのですが、1回200円の手数料がかかりますので、実質三井住友カードからのみのチャージといえるでしょう。

 

けんと
それ以外にも、インターネットバンキングなど対応していますが、二重取りができなくなりますし、あえて選ぶ必要はないでしょう。

 

Kyashサブとしてのプリペイド比較

さて、冒頭にも書きましたが、Kyashのサブカードとしていくつかのプリペイドカードを比較したいと思います。

なぜなら、Kyashが2020年12月8日から月5万円の決済までしかポイント還元されなくなったから。

5万円以上決済用のサブカードが必要になったわけです。

 

それで、二重取りできるサブプリペイドカードとして私の中で候補に上がっているのが、au PAYプリペイドカード、dカードプリペイド、そして今日のANA VISAとANA JCBプリペイドです。

この4枚の特徴をまとめてみます。

表では「au PAY」、「dカード」、「ANA VISA」、「ANA JCB」とそれぞれのプリペイドカードを略語表記します。

 

うーん。

なかなか悩ましいですね。

これが1番!というプリペイドカードはなさそうです

この表を見て、一番魅力的だなと思うカードをサブとすればよいかと思います。

たぶん人によって違ってくると思います。

キーになるのは還元ポイントの種類、スマホ決済、チャージできるクレジットカードの3箇所です。

 

au PAY dカード ANA VISA ANA JCB
還元率 0.5% 0.5% 0.5% 0.5%
還元ポイント Ponta dポイント ANAマイル ANAマイル/キャッシュバック
マイルでの還元率 ANA(0.21%)/JAL(0.25%) 無し ANA(0.5%) ANA(0.5%)
手数料 0円 652円(注1) 0円 0円(注2)
スマホ決済(android)
スマホ決済(iOS)
ポイント付与上限 25万円/回 30万円/回 30万円/回 30万円/回
チャージできるクレジットカード MASTER、AMEXと一部のVISA、JCB(こちら 三井住友カードのVISA、MASTER 三井住友カードのVISA、MASTER JCBカード

注1:ドコモユーザーは無料

注2:2021年3月31日まで

 

ANAマイラーはANA VISAプリペイド、ANA JCBプリペイドどちらでも良いですね。

チャージするクレジットカードで選べばよいかと思います。

 

マイラーではない方はau PAY、dカード、ANA JCB(キャッシュバックコース)のどれでも良いかと思います。

だたし、iOSユーザーはANA JCBだとスマホ決済ができません

なので、au PAYかdカードのほうがよいかもしれませんね。

 

けんと
個人的にはスマホ決済はそこまでこだわっていないので、わたしはANA VISAプリペイドを選ぼうかなと思ってます。ANA VISAカードも持っているので、それでチャージできるし。

 

まとめ

記事をまとめます。

ここがポイント

  • ANA VISAプリペイド、ANA JCBプリペイドが使えるのかをチェックしてみた
  • Kyashのサブとしてマイラーは使う価値は充分にあるかと思います
  • ただし、還元率は0.5%とKyashよりは一段下がります
  • チャージするクレジットカードがVISAかMASTERの場合はANA VISAプリペイド、JCBの場合はANA JCBプリペイドが良き
  • マイル似興味のない方はau PAYプリペイドかdカードプリペイドがおすすめ
  • マイラ-は今日のANA VISAかANA JCBプリペイドがおすすめです

PVアクセスランキング にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ

 

-クレジット, マイル

© 2021 極小なことからコツコツと