クレジット ポイント

【常時1%UP】おすすめクレジット、Kyash!使い方を解説です

Kyashはプリペイド

最近クレジットカードが多いなぁと思っていて、2枚解約をしました。

ソラチカカードも解約してしまったので少し後悔しています。

みなさんこんにちは。管理人のけんとです。

 

みなさんはKyashというプリペイドカードをご存知ですか?

2019年10月までは2%の高還元率をたたき出していた一部界隈では超絶有名なカードです。

2020年4月からまた制度変更して、還元率は下がって1%(または0.5%)となってしまいましたが、いまだに有用です。

(楽天信者の妻ですらKyashは愛用しています)

ANAの陸マイラーも使うべきカードだと思います。

今日はこのKyashについて説明をしていきたいと思います。

 

ANA陸マイラーはSPGアメックスを推す人や、新ソラチカルートを推す人も多いですが、私はKyash+ANA VISAゴールドをオススメしまます。

なぜその組み合わせが良いかというと、1,000円の決算でKyashから10円キャッシュバック(1%分)に加えて、ANA VISAゴールドから13マイル(1.3%分)がもらえるからです。合計で2.3%分になります。(月決済額に応じてボーナスもあります)

 

既述のようにKyashはプリペイドカードです。

ですので、基本的にはチャージをして利用するということになります。

国際ブランドとしてはVISAになります。

したがって、VISAが使えるお店でKyashは使えます。

 

Kyashの特徴

Kyashの使い方

KyashはVISAブランドのプリペイドカードです。

VISAなので、通常のクレジットカードと同様にVISAが使えるお店で使うことができます

ただし、携帯電話料金やガソリンスタンドなど、決済額が変動するような支払には使うことができません。

ちょいちょいとエラーがでることがあるので、その際はKyashを使わずにほかのカードで決済しましょう。

 

Kyashのチャージ方法

Kyashはプリペイドカードなのでチャージが必要です。

チャージ方法は複数用意されていますが、お得を狙っている読者さんには「クレジットカード」からのチャージ一択です。

どうしても、銀行振り込みや現金でチャージしたいという人は、おすすめはしませんがセブン銀行ATMやコンビニ支払いでもチャージできます。

 

クレジットカードからのチャージを前提に話を進めますね。

下の図のように、Kyashにチャージするクレジットカードを登録する必要があります。

そのクレジットカードはVISAまたはMASTERブランドでないといけません。

JCB、アメックス、ダイナースブランドのクレジットカードはKyashにチャージできません。

SPGアメックスを推すANA陸マイラーさんも多いですが、Kyashにチャージできないので、わたしはSPGアメックスをあまりお勧めしません。

 

Kyashの使い方

 

Kyashはプリペイドカードなので、同じプリペイド型のSuicaやPasmoを想像される人も多いかと思います。

ただし、使い勝手はSuicaとは全く異なり、事前にチャージをしておく必要はありません

残高が0円の状態でKyashを使ってもらってOKです。

下の画像はわたしのKyashアプリ画面をキャプチャーしたものです。

残高がゼロですね。

 

 

残高が0円の状態でKyashを使うと、当然お金が足りていません。

その不足金額はKyashのチャージ元となっているクレジットカード「登録カード」に自動的に直接請求がいきます。

つまり、残高がゼロであれば、決済額はそのまま登録クレジットカードに請求がいきます。

上の写真での「登録カード」に「自動チャージ」と書いてあります。

これが決算額不足分をこの自動的に登録クレジットカードに請求するという意味を表しています。

Suicaのように残高を気にしてこまめにチャージする必要はありません

 

けんと
通常のクレジットカードのようにKyashは使ってもらってOKです。

 

Kyashのカード種類

2020年4月より制度が変更となり、現在Kyashカードは3種類用意されています。

3種類の特徴について下表にまとめています。

Kyash Card Kyash Card Light Kyash Card Virtual
利用限度額(1月あたり) 100万円 12万円 12万円 (本人認証無し2万円)
利用限度額(1回あたり) 30万円 5万円 3万円 (本人認証無し5千円)
発行手数料 900円 300円 無料
ポイント還元率 1% 0.5% 0.5%

 

いずれの種類のKyashカードでも使い方は一緒です。

異なるのは発行手数料とポイント還元率でしょうか。

一番高いKyashカードは発行手数料900円(1回きり)がかかりますが、還元率1%です。

Lightの場合は発行手数料300円(1回きり)ですみますが、還元率は0.5%に落ちます。

(Virtualはオンラインショッピングなどで利用するバーチャルカードですので、おすすめはしません)

 

通常のクレジットと異なり年会費はありません。

なので、12万円以上Kyashで決済をする予定ならば、迷うことなく一番左のKyashカードです。

 

けんと
作るならKyashカード一択かな

 

QUIC PAY+と連携開始

2020年4月より、KyashはQUICPay+に登録できるようになりました。

なので、AndroidでもiPhoneでも手がるにキャッシュレス決済ができるようになりました。

  • Android =>Google Pay にKyashを登録
  • iOS  =>Apple Pay にKyashを登録

各アプリでの支払い手段にKyashを登録すると、自動的にQUICPay+での支払いとなります。

 

QUICPay+が使えるお店ではスマホをかざすだけで、Kyash決済が可能となってます。

とっても便利です。

 

けんと
お財布を出さなくてよいのは慣れたらとっても便利です病みつきです。

 

Kyashは基本でポイント二重取り

KYASHで二重取り

Kyashは基本的にポイントの二重取りをするためのプリペイドカードです。

その二重とは

  • Kyashの1%(または0.5%)還元となるKyashポイント
  • Kyashに登録しているクレジットカードのポイント(例:楽天カード、ANA VISAカード)

になります。

 

冒頭でわたしは陸マイラーはKyash+ANA VISAゴールドをオススメといいました。

この場合は、Kyash(1%キャッシュバック)+ANA VISAゴールド(1.3%マイル)になります。

 

ですが、Kyashの強みはVISAかMASTERであればどんなクレジットカードとでも組み合わせることができるところです。

楽天カードの場合には、Kyash(1%キャッシュバック)+楽天カード(1%楽天ポイント)ですね。

 

もちろん、ポイントサイト経由の楽天市場で買い物をすると、①ポイントサイト、②楽天市場、③Kyash、④登録のクレジットの四重取りです。それぞれのポイントが1%だとしても、常時4%OFFみたいなものになります。すごいですよね。

 

ただし、Kyashの1%バックは1月12万円までの決済しか対象になりません

ある月に20万円つかったとしたら、12万円を超えた8万円分は1%キャッシュバックはつきませんので注意してください。

 

下の写真(再掲)はわたしのKyashアプリ画面ですが、Kyashポイントが6,484ポイントあります。

このポイントは通常の残高に等価でチャージすることができますので、現金と同じものになります。

 

以前は、〇〇ペイの支払先としてKyashを登録することができました。

なので、〇〇ペイのポイント、Kyashのポイント、クレジットカードのポイントの三重取りもできました。

重宝していたのは2020年6月で終了してしまったOrigami Payでしたね。

ですが、今は〇〇ペイの支払にKyashを登録してもメリットはありません。

 

けんと
Kyash+ANA VISAゴールドおすすめ

 

まとめ

陸マイラーにとってはSPGアメックスがマイル還元率が高く、かつエアラインも好きに選べることから好まれています。

ですが、SPGアメックスはKyashと組み合わせることができません。

 

そこで、ANAを使うんだ!と決めている人には、わたしはKyash+ANA VISAゴールドをおすすめします。

また、マイラー以外のクレジット決済を多用する人にもKyashを使ってみることを強くおすすめします。

 

まとめます。

ここがポイント

  • Kyashは今でも手軽に1%のポイントバック追加できる貴重なカード
  • 初期発行手数料900円払う価値は全然ある
  • ANA陸マイラーにはKyash(1%キャッシュバック)+ANA VISAゴールド(1.3%マイル)がおすすめ
  • ANA陸マイラーでなくても、Kyashを間に入れることで手軽に1%キャッシュバックUPを狙えます

 

-クレジット, ポイント

© 2021 極小なことからコツコツと