クレジット ポイント

【Kyash利便性向上】2020年9月から一部サービスが変更です

↑KyashWEBページより

夕方から鈴虫の鳴き声が聞こえはじめてます。心地よい鳴き声です。

くそあつい夏も終わりだなとあっという間8月が過ぎてしまいました。

マスク+猛暑はとってもきつかったですね。

みなさんこんにちは。管理人のけんとです。

 

2020年9月7日付けで、Kyashが一部サービス変更を伴うアップデートを行うことがアナウンスされました。

KyashWEBページのアナウンスはこちら

すでにKyashを利用している諸兄にはメールでの連絡も来ていると思います。(わたしは8月28日13時に受信してます)

8月27日の日経新聞の記事で取り上げられていたので、サービス変更が来るなとは思っていました。

 

このアップデートは利用者にとって影響する人もいるかと思いますので、記事で紹介させていただきます。

 

Kyashとはなんぞや?なみんさんは、下記にKyashの紹介記事を書いていますのでご覧いただければうれしいです。

ひとことで説明すると、普段のクレジット決済(VISA、MASTERのみ)に+1%キャッシュバックを追加できるカードになります。

 

今回のサービス改定のポイントは3つ

この改定は「前払式支払手段発行業」であったKyashが、「資金移動業」に登録をしたことに伴うものです。

前払式支払手段発行業とは、商品券やプリペイドカードなどを発行する業態のことを指します。

一方で、資金移動業は銀行以外の業者が、100万円以内の資金移動を行う業態のことを指します。

 

この2つについては一般社団法人日本資金決済業協会で解説されています。

前払式支払手段業については こちら を、

資金移動業については こちら をご参照ください。

 

要は、これまでできなかった資金移動ができるようになる!ということです

 

変更点その①:Kyash残高を銀行口座へ出金

これはうれしいユーザーも多いのではないでしょうか。

 

下の写真はわたしのKyash画面です。

7,265ポイントが貯まっています。

これまでは、このポイントはKyash残高にチャージするしか方法がなかったのですが、今回の改定でこのポイントを銀行口座に出金できるようになります

 

Kyashでゲットしたポイントを、Kyash残高ではなく他の支出に使いたい!という人にとっては大きな朗報になりますね。

結果、このKyashポイントは完全に現金と同等のものとなります。

 

ほぼすべての銀行に対応するそうですが、1度の出金には手数料220円(税込)がかかるそうです。

ただし、本人確認アカウントにしていないと出金はできないとのことです。

Kyash Cardユーザーはすでに本人確認アカウントになっているので問題はないです。

Kyash Card LiteとKyash Card Virtualユーザーは必要です。

 

けんと
わたしはKyash使い続ける予定なので、銀行口座への出金はしなそうです

 

変更点その②:銀行口座からKyashへ入金

これまでなかった銀行口座からの入金が可能となります

こっちも本人確認アカウントにしていないと入金はできないとのことです。

 

前の記事でも書きましたが、Kyashのメリットを活かすには入金は不要です!

Kyash残高をゼロにして、不足分を登録クレジットカードに請求です!

 

なので、ポイ活のみなさんはこの変更点にはあまり恩恵を受けることは無さそうです。

 

けんと
銀行口座からの入金はそもそもお得にならない

 

変更点その③:不正補償制度

3つ目は不正補償制度の開始です

Kyashはクレジットカードと違うので、この点に不安がありました。

このKyashの利用規約、第3条7項にはこのような記載があります。

 

  • アカウント情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はユーザーが負うものとし、弊社は一切責任を負わないものとします。また、アカウント情報が不正に利用されたことにより弊社に損害が生じた場合、ユーザーは当該損害を賠償するものとします

 

なので補償制度ができることはうれしいですね!

 

Kyash利用時の不正などへの考え

Kyashも「問い合わせ対応」はあるのですが、不正や万が一の場合の対応に不安を覚えるのはわたしもです。

 

不正ではありませんが、わたしも過去に二重請求となっていたケースがあり、Kyashに1つを止めるようにお願いしましたが、なかなか骨が折れました。

これはKyashがクレジットカード業態ではなく、前払式支払手段発行業だからだと思います。

「登録しているクレジットカード会社に連絡してくれー」、「注文先の業者に連絡をとってくれー」、っとたらいまわしになりました。

(もちろんKyashはプリペイド式なので仕方ない対応です)

二重請求払いを止めるのに何度もメールでやり取りした記憶があります。

わたしのケースは予約商品をKyashで決済した場合のオーソリ期限切れに伴う二重払でした。

Kyashのページでもこちらで解説されています。

 

このユーザーは不正利用にあったそうです。(ページはこちら

こっちユーザーは三重請求ですね。(ページはこちら

 

ケースを探せばこのような事例はでてくるはずです。

だって電子決済なんですもん。

これが嫌なら現金しかありませんし、そうなるとポイントもナシです。

(現金でも泥棒は入られる可能性はありますから)

 

かつ、わたしのケースも、この方々のケースも時間はかかってますが解決しています

なので、リットだけを考えてKyashはダメー!みたいな主張はなんだかなぁというのがわたしの感想です。

 

けんと
でも、電子決済を利用する以上、自衛意識は確実に!

 

まとめ

まとめます。

ここがポイント

  • 2020年9月7日からKyashのサービスが一部変更に
  • 大きく便利になるのは、2つ
  • Kyashポイントを銀行口座に出金が可能に!(ただし手数料220円(税込)あり)
  • 不正補償制度ができる(これまではなかったんだよね)

 

 

-クレジット, ポイント

© 2021 極小なことからコツコツと