クレジット ポイント

【LINE PAY】復権なるか?LINEポイントはお得なのか?

今日は以前に一世を風靡していたLINE Payの紹介記事です

わたしの中では大人気でしたが、多分ANA陸マイラー諸兄も同意見だと思います。

でも今ではANA陸マイラーには見向きもされてませんよね?

なので、今のLINE Payはのような状況なのかを含めて紹介していきたいと思います。

みなさんこんにちは&こんばんは。「極小なことからコツコツと」管理人のけんとです。

 

このLINE PAY、ころころと制度が変わっていてもうよくわかってません。

2019年12月末までは使っていたのですが、この10ヶ月程度ほぼ使っていませんでした。

一部、コンビニに行くのが面倒&現金払いが面倒というので水道料金払いをLINE PAYでやってるくらいです。

10ヶ月のブランクでもはや訳わからない制度になっていました。

 

さて、結論を先に書くと、相変わらずLINE PAYは「うーん」状態です。

還元率は1%~2%(LINE PAYの場合)と3%( VISA LINE PAYクレジットの場合)と結構良い感じなんです。

でも、その還元されたLINEポイントの使い勝手が悪すぎなんですよね。

この点に不満を持たない方はLINE PAY(VISA LINE PAYクレジット)もありかと思います。

 

LINE自体は説明不要でしょうが、ざっとLINE PAYを説明です。

LINE PAYはLINEが出しているプリペイドカードです。

バーチャルとリアル・カードがあります。

なんで、Kyash、Pollet、バンドルカードど同列のプリペイドです。

これらプリペイド兄弟は過去記事にありますので、良ければ一緒に読んでもらえたらうらしいです。

 

Kyashの記事は↓

Polletの記事は↓

おすすめ
【プリペイドカード】余った金券・モノをPolletでまとめて活用

今日はときどきネットをやっていると目にするアプリ、Polletについての記事になります。 みなさんこんにちは&こんばんは。「極小なことからコツコツと」管理人のけんとです。   Polletっ ...

続きを見る

バンドルカードの記事は↓

おすすめ
【バンドルカード】お手軽プリペイド。メリット・デメリットを解説

今日の記事はノンスタイルがWEBCMをしていることでも知られている「バンドルカード」についてです。 このバンドルカードは、いわゆるプリペイドカードになります。 以前記事を書いたKyashやPollet ...

続きを見る

 

では、先に還元されるポイントとなるLINEポイントの使い勝手を見てから、LINE PAYについて俯瞰してみたいと思います。

 

けんと
毎回になりますが、このブログはただの情報提供です。

金融資産の運用は自己責任でお願いします。

 

LINEポイントの使い道

LINE PAY WEBページより

LINE PAYを使うと還元されるポイントはLINEポイントになります

一応、1LNEポイント=1円の価値があることになってます。

 

過去の栄光LINEルート

このLINEポイントは2019年12月末までANA陸マイラーには大変重宝されていました。

いわゆるLINEルートと呼ばれる高効率なANAマイル獲得方法です。

なので、下記の私のように多くの方がLINEポイントをメトロポイントに交換(交換レート90%)していたと思います。

メトロポイントはANAマイルに90%のレートで交換可能でした。

つまり、100LINEポイント→90メトロポイント→81ANAマイルという81%の交換レートでマイルに変換できていたんですね。

 

 

プリペイドのLINE PAY残高にチャージできるのかと思いきや、LINEポイント→LINE PAY残高への交換も2019年12月31日で終了です(こちらが公式アナウンス)

と思ったら残高にチャージせずに使えるように変更になったんですね。

ご指摘いただきました。ありがとうございます。

使わなくなってしばらく時間が経ったのでチェック漏れてました。

 

まぁ良き過去を懐かしむのはこれくらいにしておいて、今はこのLINEポイント、何に交換できるんでしょうか。

長くなるのでざっと見ていきます。

 

現在の使い道4つ

多くの人は、LINEポイントをLINE PAYの決算に充当する方法で使ってるかと思います。

多分これが使いやすい方法でしょう。

 

それ以外の人にはプレミアムサービス、交換、商品、の3つのカテゴリがあります。

このうち、検討に値するものは以下の3つかな。

楽天ポイント、Tポイントなどをはじめ、他サービスのポイントに交換することは全くできません

もちろん、LINEマンガを多用しているひとや、ほしい商品があればそれにLINEポイントを充当してもらってOKです。

が、多くの人にとってはこの3つが使えるかな。

 

  • LINEスタンプの購入
  • LINE証券へ入金
  • LINEモバイルの支払い

 

LINEスタンプはまぁ気分の問題でちょくちょく使う人も多いので便利です。

 

LINEモバイルを使っている場合には、LINEポイントをその支払いに当てることができるのは大きなメリットですね。

現金同様の扱いで1LINEポイント=1円の等価です。

 

そして、残るのがLINE証券です。

これが一番現実的な交換先になるでしょう。

 

けんと
LINEポイントはスタンプ、使ってる人はLINEモバイルの支払いに使えるよ。そうじゃない人はLINE証券が良いよ

 

LINE証券にLINEポイントを入金

LINE証券WEBページより

【LINE証券】はLINEが運営しているモバイル用の証券会社です。

【SBIネオモバイル証券】と同じような感じです。

 

こちらの記事(単元未満株の少額投資記事)でも書きましたが、このLINE証券はあまりおすすめしません。

手数料がちょっと高いからですね。

おすすめ
【少額投資・単元未満株】初心者向けの証券会社おすすめ2+1つ

2024年からは新NISAが開始です。 NISAやらiDeCoやら、そして2019年の2,000万円老後資金問題やら・・・お金にまつわるお話を耳にする機会が多くなってきました。 日本では金融リテラシー ...

続きを見る

 

単元未満株の少額投資ならSBIネオモバイル証券、通常の現物取引ならアプリの使いやすさでもSBI証券か楽天証券でいいでしょう。

あえてLINE証券を使う必要はありません

 

じゃあ、なんてLINEポイントをLINE証券に入金するのか?ってなりますね。

LINE証券に入金すると、そのLINEポイントは現金と同等になります。

なので、LINE証券に登録した銀行口座に出金すれば良いんです。

これだとLINEポイントを現金化することが可能です。

2019年12月末で現金化のルートが閉鎖になってしまいましたが、LINE証券を経由させることでLINEポイントをなんとか現金化が可能です

 

けんと
ちょっと面倒だけどLINEポイントはLINE証券経由で現金化すればOK

 

LINE PAY、VISA LINE PAYクレジット

マイランクと還元率、クーポン

さて、LINEポイントはなんとか現金化することはできます。

では、肝心のLINEポイントを獲得するためのLINE PAYについて見ていきましょう。

冒頭にちょっと説明をしましたが、LINE PAYの還元率には幅があります。

マイランクに応じて還元率が変動します。

以前(2020年5月以前)はマイカラーと呼んでいたものです。

 

最初はレギュラーランクで還元率は1.0%です。

それを1ヶ月使って100LINEポイント獲得(10,000円分利用)すれば翌月にはシルバーにランクアップです。

500LINEポイント(50,000円分利用)すれば翌月はシルバーを飛ばしてゴールドですね。

このように、その月の利用金額によって翌月のマイランクが決まるシステムです。

高い還元率を維持するには使い続ける必要があります

 

マイランク 還元率 クーポン ランクアップ条件
レギュラー 1.0% 1枚
シルバー 1.5% 3枚 100ポイント獲得
ゴールド 2.0% 6枚 500ポイント獲得
プラチナ 3.0% 10枚 5,000ポイント獲得+VISA LINE PAYクレジットをLINE PAYに登録

 

一番還元率の高いプラチナランクにするためには、VISA LINE PAYクレジットを作成して、LINE PAYと紐付けをする必要があります。

さらに5,000ポイントを獲得する必要があるので、結構な金額を利用しないとプラチナの維持は困難ですね。

 

くわえて、地味に美味しいメリットとして、クーポンが付いてきます

このクーポンはLINE PAYでの支払い時に選択することができます。

たとえば、ファミマ 10%OFF、UBER EATS 5%OFF、ZOZOTOWN 5%OFF、コミックシーモア 5%OFFなど、わりと使いやすい店舗でのクーポン券がもらえます。

プラチナだと10枚ももらえますので、クーポン1枚で1,000円程度お得になるなら1万円分もお得になります。

 

けんと
還元率は1~3%、クーポンもついてくる。ここだけ見たら結構良いが・・・

 

LINE PAYのチャージ方法

LINE PAYはプリペイドカードなんで、基本的には事前にチャージをしておかないといけません。

チャージ方法としては主につぎの2つです。

それ以外にもATMなどからもありますが、使うことはあまりないでしょうから説明は割愛です。

 

  • 銀行振込
  • VISA LINE PAYクレジット

 

銀行振込の場合はその名のとおりですね。

指定した自分の銀行口座から事前にLINE PAYにお金をチャージしてく方法です。

 

もう1つがVISA LINE PAYクレジットカードからチャージする方法です。

この場合は、LINE PAYとVISA LINE PAYクレジットを紐つけておくので、事前にチャージしておく必要はありません。

Kyashと全く同じ使い勝手です。

LINE PAY残高で不足している金額がそのままVISA LINE PAYクレジットに請求されます。

こっちのほうが便利ですね。

 

けんと
あえてLINE PAYを使うなら、VISA LINE PAYクレジットを作ってLINE PAYと紐付けしたほうが良いね

 

まとめ

まとめます。

ここがポイント

  • 2019年末まではANA陸マイラーから絶大な人気を博したLNE PAY
  • LINE PAYの還元率は最大で3%もあるし、クーポンも結構ついてくるからおいしく見える
  • でも、肝心の還元されるLINEポイントの使い勝手が悪すぎる
  • LINE PAYを使い続ける(LINEポイントをLINE PAYに充当)のであれば、使うこともOKですね
  • でも、陸マイラーにとっては全く使い道がないのでLINE PAYの復権はまだないかな

PVアクセスランキング にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ

-クレジット, ポイント

© 2021 極小なことからコツコツと