ポイント

【ポイント交換】効率的にポイントを集約するルートの検索方法

先日いつも使っていたタブレットが天寿を全うしたのですが、気づいたらアプリ(ゲーム)の引き継ぎをしていませんでした。

データがなくなりました(泣)

一から再度始めるガッツはないのでゲームはもういいや。

みなさんこんにちは。「極小なことからコツコツと」管理人のけんとです。

 

ANAマイラーのみなさまはご存じの方も多いと思います。

というか絶対知っている件について今日は取り上げます。

ポイント交換のルートについてです。

 

有名なポイントとしては、楽天ポイント、Tポイント、dポイントなどがあります。

そして、各ポイントそれぞれ貯まりますよね。

そのとき、どうにかして一つのポイントに集約できないかな?とか、このポイントとこのポイントに半分づつ交換したいな?など、ポイントの交換に悩んだりしませんか?

ANAマイラーの諸兄は、そのポイントをどうにかしてANAマイルにたどり着かせることを考えているはずですね。

わたしもそうです!

 

ポイント交換のルート捜しはポイ探

ANAマイラーの方の多くは獲得した各種のポイントをTOKYUルートを通じてマイルに変換していますよね。

その最、途中でドットマネーを確実に経由します。

なので、各ポイントサイトで獲得したポイントをどうにかしてドットマネーに変換しないといけません。

かつ、その変換もできるかぎり高レートでです。

 

いちいち各ポイントからドットマネーへの変換ルートを手作業で探していたらとっても面倒です。

なので、ポイ探というサイトを使いましょう!

ポイ探はぜひブックマークをして忘れないようにしましょう

わたしが知る限り、ポイント間の交換をわかりやすくまとめているサイトはここしかありません。

 

下は「Tポイント」を「ANAマイル」に変換する方法を探す例になります。

画面右の赤枠の中に、もとのポイントと変換先のポイント、あとは交換するポイント数を指示するだけです。

 

ポイ探WEBページより

 

検索結果は下の画面のようになります。

ちょっとわかりにくいですが、「ポイント順」、「交換日数順」、「交換回数順」で選んでルートを探すことができます

画面では「ポイント順」に設定されています。

提示されたルートは7パターンありますね。

1,000Tポイントが600マイル(変換効率0.6倍)になりますが、このルートだと6回の交換で105日もかかるようです。

しかも、JR九州や中部電力のポイントを経由しているので、かなり難易度が高いですね(汗)

わたしは中国地方在住なのでどちらのポイント(アカウント)ももっていません。

 

ポイ探WEBページより

 

同じ「Tポイント」から「ANAマイル」への変換ですが、今度は交換回数順にしてみると、次の画面のような結果になります。

直接交換(1回の交換)で500マイル(変換効率0.5倍)になります。

ただし、直接交換なので10日で交換完了です。

 

ポイ探WEBページより

 

これはただの1例ですが交換のルートは複数あるのが通常です。

したがって、日数や交換回数の多さを我慢して交換効率を取るか、交換効率を我慢して日数や交換回数の少なさを取るか、というようなルートの選択を考える必要があります。

もし、ポイ探のことを知らずに交換ルートを考えていたら、きっと見落としていたルートがあるはずです

ちなみに、この例の「Tポイント」から「ANAマイル」への交換効率0.6倍のルートが存在することを私は知りませんでした(笑)

いつもTポイントから直接交換をして0.5倍のANAマイルにしていました。

自分で指摘しといてなんですが、わたしももうちょっとちゃんとチェックしないといけませんね。

 

説明は割愛しますが、ポイ探では交換先となるポイントから逆引きをする機能もあります

たとえば、交換先を「ANAマイル」として、それを交換できる元として何があるか?を探せます。

 

ルートは定期的に確認を

ポイントは無数に存在します。

ポイ探に掲載されているポイントだけでもすごい数です。

どれくらいあるのか数えるのが面倒なほどあります。

これをきっちりルート把握することは非現実的です。

 

また、ポイント交換ルートはときどき変わってしまいます

例えば、ANAマイラーにとって以前にかなりお世話になった2つのルートを例にしましょう。

 

①ソラチカルート(2018年3月31日終了)

「ドットマネー」「Pex」→「メトロポイント」

重要なメトロポイントへの交換ができなくなりました。

 

②ソラチカルート改定版(2019年12月27日終了)

「LINEポイント」→「メトロポイント」

ドットマネーやPexといったポイントサイトから直接メトロポイントへ交換できなくなったため、間にLINEポイントを挟んでいましたが、これも終了しました。

 

頻度は高くないですが、ちょくちょくとポイント同士の交換ルートが新設・廃止になっています。

ときどき、1年や半年に1回程度でもよいので、思い出したときに自分が使う交換ルートをポイ探で確認することをおすすめします。

 

まとめ

まとめます。

ここがポイント

  • ポイントはたくさん種類があるので、交換するルートや交換レートは覚えきれない!
  • サイト「ポイ探」を使ってポイント同士の交換ルート、レートを探しましょう
  • ポイント交換ルート、レートは時々変わってしまうので、たまにでよいのでチェックをしましょう

 

-ポイント

© 2021 極小なことからコツコツと