運用

【半導体不足】半導体のどの業態の株価が反応している?

最近、半導体が不足しているというニュースをよく見るようになりました。

今日はこの半導体不足に関連して、ちょっとした考察をしてみたいと思います。

具体的には、昨今の半導体不足によって、半導体業界の「製造装置」、「ファブレス」、「ファウンドリ」のどの業界の株価が反応しているのかをチェックしてみたいと思います

 

なんで唐突にこんな話をするのかというと、以前半導体のETF、SMHの記事を書きました。

おすすめ
【期待大の半導体?】唯一の半導体ETFはSMH!チェックしてみる

今日は半導体のETF、SMHの記事になります。 私なりにチェックしていて、半導体をターゲットとしたETFはこのSMHのみかなぁと思います。 なので、このSMHに注目して、その内容とパフォーマンスを見て ...

続きを見る

思ったよりSMHの記事を見てもらえているので、追加で昨今のこの半導体不足についても記事にしようかと思ったんです。

なんで今半導体?SMHって?
隣人A

って諸兄はお時間があれば上の記事を読んでいってもらえたらと思います。

 

いつものように先に結論です。

先に結論

  • 半導体業界は「製造装置」、「ファブレス」、「ファウンドリ」の3つの業態に分けれます
  • 最近の半導体不足の状況で、半導体業界のなかのどの業態が注目を集めているのかをチェックしてみました
  • 半導体不足がニュースとなった2020年12月以降、最も株価が伸びているのは「ファウンドリ」、ついで「製造装置」という結果になりました
  • 半導体不足解消に向けての投資であれば、短期目線なら「ファウンドリ」、中期目線なら「製造装置」が良いかと思います
  • でも、まるっと投資できるSMHが無難な気もします

 

けんと
毎回になりますが、このブログはただの情報提供です。

金融資産の運用など、行動は自己責任でお願いします。

← 応援してもらえると励みになります。ブログランキング・にほんブログ村へ

 

半導体不足のニュース

ほんと最近、「半導体が不足している」、「半導体不足で自動車生産ラインがストップ」というような記事を見ます

国内外問わずに、この手の記事を見ます。

この下のツイートのような記事ですね。

 

 

日経新聞(朝刊)で、過去1年分の記事から「半導体 不足」で検索をかけると、2021年年明けから大きく記事数が増加していることがわかります

2021年2月は記事数が減っているようですが、このデータを作ったのが2021年2月16日なので、「2月は記事が減っている」と判断するのは早計かなと思います。

このグラフは「日経テレコン」で検索をかけて作りました。

 

(↓↓クリックで大きくなります)

 

ただし、この検索では、「半導体 不足」という2つのキーワードが同時に使われている記事をすべてキャプチャしてしまいます。

そこで、記事のタイトルを見て、両方のキーワードが入っている一番古い記事はいつ出たものかというの見ると、

 

2020年12月9日 日本経済新聞朝刊9ページ

タイトル「VW、中国生産に支障、コロナで半導体不足。」

というのが一番古い記事となります。

 

なので、半導体不足が公に表面化したのは2020年12月初旬ということになりそうです(日経しか見てません)

それ以前の記事は、本文中に「半導体」、「不足」というワードが含まれているだけで、半導体不足を主題とした記事ではないと思われます。

 

けんと
半導体不足は3ヶ月前からニュースになりはじめています

 

3つの分野:製造装置、ファブレス、ファウンドリ

昔Athlonを使っていましたが、それからはintel Core iシリーズを使ってました。

2年前くらいからRyzenのAMDに再度戻りましたが、Ryzenいいですね。

非常に安定していてコスパも満足しています。

(中二病的発想ですが、ライゼンという響きも◯です)

 

さて、半導体業界ですが、IntelやMicron、SK Hynix、Texas Instrumentsなどは自社で半導体設計から生産まで行っている総合的なメーカーを除くと、半導体業界は「製造装置」、「ファブレス」、「ファウンドリ」に分けれると思います。

ファブレスは半導体の設計のみを行う会社で、ファウンドリはその逆の半導体製造のみを請け負う会社です。

製造装置はその名の通り、半導体を作る機器を製造している会社になります。

以前のSMHを取り上げた記事ににも載せていますが、それぞれの売上トップ5は以下の会社になります。

赤字でティッカーを書いてあります

もし気になる企業があれば、赤字のティッカーで検索をかけて調べてみてください。

 

Tokyo Electronは日本市場、MediaTekは台湾市場、Samsungは韓国市場、SMICは香港市場に上場しているのでシンボルが数字になります。

また、ファウンドリ第3位のGlobal Foundriesはまだ未上場(2022年に上場するとの噂もあり)なので*印を付けてます。

 

順位 製造装置(資料こちら ファブレス(資料こちら ファウンドリ(資料こちら
1位 Applied Materials(AMAT Qualcomm(QCOM TSMC(TSM
2位 ASML(ASML Broadcom(AVGO Samsung(005930
3位 Tokyo Electron(8035 NVIDIA(NVDA Global Foundries*
4位 Lam Research(LRCX MediaTek(2454 UMC(UMC
5位 KLA(KLAC AMD(AMD SMIC(0981

 

半導体が不足している!

という記事から想像するに、「増産が期待されるファウンドリ」か、「増産するために必要となる装置を作る製造装置メーカー」の株価が(期待されて)上昇すると思われます。

特に、既述したように、2020年12月初旬以降、その期待が株価に現れる可能性があるかと思います。

 

けんと
なので、次にこの3業態の株価の推移をチェックしていきます

 

3つの分野の株価指標(インデックス)の推移

「製造装置」、「ファブレス」、「ファウンドリ」の上位5社の株価を作って、合成指標を作りたいと思います。

ただし、「ファウンドリ」については、Global Foundriesが未上場のため、4社の株価で合成指標を作ります。

 

米国市場だけではなく、日本、台湾、韓国、香港市場にも上場している企業があることから、株価の単位が異なります。

そのため、各社の単純株価平均はあまり意味がありません。

そこで、1年前(2020年2月18日)の各社の株価(配当調整済み)を基準として、各社の株価の相対変化をチェックします。

下のグラフのような形です。

全14社(製造装置5社、ファブレス5社、ファウンドリ4社)の相対変化を載せているので、とっても見にくいですが、2020年11月中頃からUMCがすごい伸びをしていますね。

MediaTekは長らくヨコヨコの出遅れだったのが、2021年年明けにぴょこっと飛んでます。

緑のNvidia薄青色のTSMCは相変わらず強いです。

 

(↓↓クリックで大きくなります)

 

ざっとこれを見ても、「製造装置」、「ファブレス」、「ファウンドリ」のどの業態が大きく影響を受けたかわからないので、それぞれの業態で平均を取っていきます。

ただし、TSMCなんかは圧倒的に市場シェアを持っているので、単純平均をしてしまうと市場シェアの影響を無視することになり、バイアスが生じることになります。

そこで、各社の売上で重み付けをして、加重平均を取って合成指標を作成します。

その合成指標が下の図になります。

 

2020年2月18日を基準として、3業態の株価指標の推移を見てみると、この1年の株価成長はファウンドリ>ファブレス=製造装置になっています。

途中まではファブレスが1位だったのですが、直近のNVDAの株価ヨコヨコの影響もあってか、途中から2位荷転落して、2021年年明けには製造装置にも追いつかれています。

2020年12月初旬の「半導体不足」騒ぎ以降、「ファンドリ」の株価が上昇しているように見えます。

 

(↓↓クリックで大きくなります)

 

2020年12月初旬からの影響をもっとちゃんと見るために、上のグラフを2020年12月1日を基準にして相対変化を見てみたものが下の図になります。

この3ヶ月の推移を見ても、やはり「ファンドリ」の株価上昇が最も高く、ついで「製造装置」、「ファブレス」という状態になっています。

なので、この半導体不足ニュースによって、半導体業界の「増産が期待されるファウンドリ」への期待が一番高まったと言えると思います

これはどちらかというと数ヶ月以内の割と短期目線だと思います。

 

(↓↓クリックで大きくなります)

 

実際にこの記事は多くツイートされましたね。

日本、米国、ドイツも台湾のTSMC頼みです。

 

 

ついで、「増産するために必要となる装置を作る製造装置メーカー」への期待が高いです。

増産するにしても、結局は製造装置が必要ですから。

こちらはより中期目線での期待を反映していると思います。

 

けんと
なので、半導体不足の状況解消に向けては、ファブレスよりも短期ではファウンドリ、中期的には製造装置が良いかと思います。でも結局はまるっと投資できるSMHを持っておけば安泰!という気もしますが。

 

まとめ

今日の記事をまとめます。

ここがポイント

  • 半導体業界は「製造装置」、「ファブレス」、「ファウンドリ」の3つの業態に分けれます
  • 最近の半導体不足の状況で、半導体業界のなかのどの業態が注目を集めているのかをチェックしてみました
  • 半導体不足がニュースとなった2020年12月以降、最も株価が伸びているのは「ファウンドリ」、ついで「製造装置」という結果になりました
  • 半導体不足解消に向けての投資であれば、短期目線なら「ファウンドリ」、中期目線なら「製造装置」が良いかと思います
  • でも、まるっと投資できるSMHが無難な気もします

PVアクセスランキング にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

-運用

© 2021 極小なことからコツコツと